• 鮮やかで濃厚な果実味にサンジョヴェーゼならではの独特な酸が感じられ、果実
    由来のフレッシュな味わいと一体感のある落ち着いたストラクチャーを備えている。兎や野生の猪肉のラグーを添えたパッパルデッレ・パスタ(リボン状のパスタ)などのトスカーナ料理と合わせるのに極めて理想的なワイン。料理を食べた後の口内を浄化してくれるばかりでなく、旨味のある味わいを更に引き立ててくれる。

     

    艶やかなブラックチェリーやブラックベリーの果実味に鋼のようにしっかりとした快活なストラクチャーを備えている。直線的で張りのある味わいで、生き生きとしたエネルギッシュな後味が特徴的。終盤に向かって緊張感が徐々にほどけてゆき、煙草や黒鉛、マキアートの香りが更なる深みを与え、長い余韻を生む。

     

    ------------------

    フォントディは、トスカーナ州キアンティ・クラッシコ地区の中心部にあるパンザノの街の南側に位置しています。「コンカドーロ(金の貝殻)」と呼ばれる円形劇場の形をした盆地が広がるこの地は、暖かく乾燥したミクロクリマのお陰で、伝統的な高級ワイン産地として何世紀にも渡り名声を馳せてきました。葡萄畑は、130ヘクタールにわた
    り有機栽培認定を受けており、その内70ヘクタールが葡萄栽培に使用されています。化学肥料や農薬を使用せず、極力余分な干渉を加える必要がないよう、土地本来の力を最大限に生かした葡萄栽培を行っています。
    トスカーナのワインの歴史は古く14世紀に溯りますが、1960年代までは大量生産される質の悪いワインが公然と出回っていました。当時、多くの生産者は、輸出市場の隙間である安売りジャグ・ワインの市場を目指しており、葡萄農家も収穫に関しては質よりも量を重視し、葡萄樹を機械での収穫に適した水はけの悪い平らな土地に植えていました。キアンティのワイン醸造の未来に暗雲が立ち込めていた1968年、ドミジアーノとディノ・マネッティ兄弟は、このパンザノの地でワイン用の葡萄畑の購入を決め、89ヘクタールの土地を購入しました。購入した当時、畑は荒れ果てていましたが、西向きの急斜面で最高の気候条件が揃っていました。マネッティ兄弟は多額の資金を投じて葡萄樹を植え替え、設備の近代化を含む様々な面でフォントディを改革し、やがてトスカーナにおけるワイン作りの最先端を行くようになりました。トスカーナのワイン作りが大きく変化してゆ
    く中で試行錯誤を繰り返し、ついに、国際的なカルト市場で大好評を博したスーパータスカン、フラッチャネッロで大成功を納めました。現在フォントディは、初代オーナーの親族で従兄弟同士のマルコとジョヴァンニが共同運営し、サンジョヴェーゼのスペシャリストである著名な醸造家フランコ・ベルナベイの指導を受けています。

    Fontodi Chianti Classico (フォントディ・キャンティ クラシコ)

    ¥4,200価格
    •  

      産地 イタリア、トスカーナ/キアンティ地区(DOCG キアンティ・クラッシコ)
      葡萄 サンジョベーゼ100%(有機栽培)
      生産者 フォントディ
      醸造 28~30℃の一定の温度に管理しながらステンレスタンクで 2週間マセラシオン発酵
      熟成

      大型のオークのキャスクで 6ヶ月寝かせた後、 トロンセ産とアリエ産のオークのバリックで更に18ヶ月熟成

      有機

      オーガニック(有機栽培)

      パーカーポイント 92+pt(2016VT)

      ワインスペクテーター 94pt(2016VT)

      ヴィノス 94pt(2016VT)

      ジェームズサックリン 94pt(2016VT)

      ジャンシス・ロビンソン 17/20pt(2016VT)

       

    〒937-0051​ 富山県魚津市駅前新町1101-8KMビル2F 080-2130-5118 info@boqueria.jp

    地中海料理&ワインショップ BOQUERIA

    © 2020 BOQUERIA